平成18年11月24日
財団法人 一般用医薬品セルフメディケーション振興財団

財団法人 一般用医薬品セルフメディケーション振興財団
2006年度 一般用医薬品セルフメディケーションシンポジウム
開催のお知らせ
調査研究助成・啓発事業等助成対象者決定

 財団法人一般用医薬品セルフメディケーション振興財団(東京都元赤坂、理事長:佐藤誠一/佐藤製薬株式会社代表取締役社長)は、11月10日(金)に開催した理事会において、2006年度調査研究助成及び啓発事業等助成対象者を決定し、11月24日(金)帝国ホテルにて一般用医薬品セルフメディケーションシンポジウムを開催いたしました。 今年度の調査研究助成対象者は14件、啓発事業等助成対象者は5件です。

理事長挨拶 会場の様子
調査研究助成対象者
(清水様)
啓発事業等助成対象者
(中西様)

 財団法人一般用医薬品セルフメディケーション振興財団は、2006年3月、一般用医薬品を通じたセルフメディケーション関連の調査研究に従事する研究者や普及啓発に取り組む方々に対して資金の助成を行うことにより国民の健康とセルフメディケーションの振興に寄与することを目的とし、佐藤製薬株式会社名誉会長佐藤進、他3人の寄付により設立いたしました。今回、設立後初めてのシンポジウム開催であり、今回の一般用医薬品セルフメディケーションシンポジウムを開催することにより、多くの方に認知していただき助成事業を通して国民の健康に貢献できればと考えております。そのため、今回の招待者は財団設立にご尽力賜った方、関東周辺の薬学系大学、薬業業界及び行政機関を中心にご招待しております。

 今後は各種研究会、講演会、啓発活動、国内外における調査研究などさまざまな助成事業を通じ、生活者が疾病の予防と治療に進んで参加できる環境づくりに、基本財産を有効に活用することで国民の健康とセルフメディケーションの進展に貢献してまいります。

<調査研究助成対象者>
主たる
研究者名
所属機関 職名 研究内容
まるやま とおる
丸山 徹
熊本大学
薬学部
医療薬剤学分野
教授 一般用医薬品の情報提供におけるユニバーサルデザインの現状と次世代型情報への応用
もちづき まゆみ
望月 眞弓
北里大学
薬学部
教授 一般用医薬品の外箱情報と表示法に関する研究
なかにし としお
中西 敏夫
社団法人
日本薬剤師会
会長 一般用医薬品販売時のリスクの程度に応じた情報提供と相談体制の整備
いずみさわ めぐみ
泉澤 恵
日本大学
薬学部
薬事管理学
ユニット
専任
講師
OTC薬のlabelingに関する調査研究
かめい みわこ
亀井 美和子
昭和大学
薬学部
教授 一般用医薬品の安全性向上に必要な環境の探索および教育への応用
つじ けいこ
辻 恵子
聖路加
看護大学
大学院
看護学研究科
博士
後期
課程
妊娠初期の女性の情報ニーズおよび情報提供に関する認識とその関連要因の検討
もりもと やすのり
森本 雍憲
城西大学
薬学部
教授 日本におけるスイッチOTCの開発動向及び適正使用の実態に関する調査研究
なかしま けんいちろう
中島 憲一郎
長崎大学
大学院
医歯薬学
総合研究科
教授 地域薬局におけるOTC薬の購入とセルフメディケーションに対する患者意識の調査研究
たかなか こういちろう
高中 紘一郎
新潟薬科大学
毒物学
助教授 OTCと薬や食品との飲み合わせのインターネット検索システムの構築
ささき たくや
佐々木 琢也
公立大学法人
横浜市立大学付属
市民総合
医療センター
薬剤部
薬剤師 一般用医薬品の相互作用に関する調査研究
かわにし とおる
川西 徹
国立医薬品
食品衛生
研究所
薬品
部長
ドリンク剤等で非意図的に生成するベンゼンに関する研究
たしろ しんいち
田代 眞一
昭和薬科大学
病態科学
研究室
教授 一般用医薬品に頻用される天然物に含まれる配糖体と抗菌薬との相互作用とその対応策に関する基礎的・臨床的研究
しみず なおかた
清水 直容
帝京大学
医学部
名誉
教授
薬局における一般用医薬品適正使用のための基盤確立を目指して:一般用検査薬等の使用実態(AUT)調査研究
かけがわ ともひと
懸川 友人
城西国際大学
薬学部
教授 制度改正前の一般用医薬品販売における薬剤師の接客環境と業務実態


<啓発事業等助成対象者>
申請者名 所属機関 職名 テーマ
ばば たかみち
馬場 孝道
小平市薬剤師会 会長 小平市内小中学校における “お薬教育”
あんどう てつや
安東 哲也
社団法人
大分市薬剤師会
会長 小学生対象の紙芝居による薬の正しい使い方啓発普及事業
なかにし としお
中西 敏夫
第21回
アジア薬剤師会連合
学術大会組織委員会
委員長 第21回アジア薬剤師会連合学術大会 シンポジウム2
「Self-Medication and pharmacists(セルフメディケーションと薬剤師)」
やすかわ けん
安川 憲
日本大学
薬学部
教授 一般用医薬品の販売制度が変わる
-医薬品(大衆薬)を選ぶ時、一般市民・薬剤師はどうすれば良いのか-
なかて としおみ
中手 利臣
社団法人
日本薬剤学会
「医薬品の包装と
情報分科会」
代表 「医薬品の包装と情報分科会」および「医薬品の包装と情報シンポジウム」の開催


財団の紹介
新着情報
トップ